News & Topics

一般財団法人 ちよだニャンとなる会 トップ > News & Topics 詳細
(Update:2022.05.23)
【人材募集】当会運営の保護猫カフェでスタッフを募集~採用終了しました
■仕事内容:

一般財団法人ちよだニャンとなる会は、行政と連携・協力して猫に関する問題・課題に取り組み、動物愛護・動物福祉の向上をめざして活動する非営利法人です。

2000年に千代田区が「飼い主のいない猫の去勢・不妊手術費助成事業」を始め、区の募集に応じて集まった普及員(ボランティア)がネットワークを強めて任意グループとなったのがちよだニャンとなる会のはじまりです。2018年に財団法人となりました。

千代田区では2011年に「猫の殺処分ゼロ」を実現し、現在もゼロを継続しています。路上で命を落とす「ロードキル」は20年前比で20分の1に削減しました。当初は「飼い主のいない猫の去勢・不妊手術」(TNR)を徹底。現在では、手術後に元の場所に戻すのではなく、保護して譲渡する活動を行っています。

猫をめぐる「動物愛護・動物福祉」について私たちの感じ方・考え方をお伝えしますと、猫は、自然の中で暮らす野生動物ではなく、家庭で人にお世話されて暮らす「伴侶動物」。外で厳寒、降雪、台風、豪雨、猛暑…天候の激変にさらされる暮らしは過酷です。車に轢かれての死は自然の死とはいえないでしょう。

毎年、区と共同で開催するチャリティイベント「ちよだ猫まつり」は、2016年から始まって今年で7回目となりました(2021年はコロナ禍のためオンライン開催)。みなさまに楽しんでいただきながらの普及・啓発イベントです。百貨店や獣医療に関わる組織からの依頼によって「猫イベント」を企画・運営することもあります。

保護猫たちの居場所をつくり譲渡を進めるため、2018年に譲渡型保護猫カフェ「ちよだニャンとなるカフェ秋葉原」を開設しました。2022年2月22日には、老猫ホームを併設する「ちよだニャンとなるカフェ神田神保町」をオープン。高齢・病気・障害で譲渡の難しい猫が余生を過ごせる場所ともなっています。

近年、飼い猫をめぐる問題・課題も増えました。さまざまな事情で適正にお世話されていない「ネグレクト(虐待)」、過剰な猫を抱えて飼育が困難になる「多頭飼育崩壊」へも行政と連携・協力して対応しています。

■具体的な仕事内容*
・保護猫カフェ店内外業務全般(掃除、猫のお世話、接客、猫の通院など)

保護猫カフェのお仕事は、命に接するお仕事のため責任感はもちろん体力も必要です。朝の約2時間は、猫たちの給餌から始まり、清掃業務となります。猫砂を入れ替えたり、ケージを組み立てたりなど、力仕事も多くなります。営業時間中は、お客様への接客業務。閉店後は清掃や片付けとなります。大変な部分もありますが、保護猫たちを幸せに送り出すための第一歩に携わることに、やりがいを感じるお仕事です。

■アピールポイント:

・千代田区と連携し、全国に先駆けて先進的な取り組みと活動をしてきた団体です。動物愛護・福祉の向上を目指し、一緒に成長していける職場です。

■求める人材:

・当会の活動理念を理解し、共感いただける方

・動物たちの命につながる仕事です。責任を持って仕事に取り組める方

・社会人としての基本的なマナーを身に着けている方

・健康面に不安のない方

・猫の飼育経験があれば可

■勤務時間・曜日:

・9:00~18:30(シフト制・実働8時間)

・週4日以上勤務(基本的に土日祝日の勤務が可能な方)

・土日祝出勤、GW、お盆期間、年末年始の出勤が可能な方

■休暇・休日:

・シフト制

■勤務地:

・勤務地:千代田区神田神保町および秋葉原


■待遇・福利厚生:

・3か月毎に更新

・労災保険

・交通費全額支給



■雇用形態: アルバイト・パート

給与: 1,100円 (時給)

■応募方法
次のメールアドレス(naoeleven@gmail.com)に、添付で履歴書をお送りください。
また今回の応募動機も合わせてメールにお願いします。
後日、当会よりご連絡させていただきます。

■締め切り
2022年6月4日